【Switch】「Mini Metro – ミニメトロ」レビュー。時間を忘れて没頭できる!鉄道運営シミュレーションゲーム【紹介と感想】

今回はニンテンドースイッチのダウンロード専用ソフト(DLソフト)「Mini Metro」をプレイした感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

どんなゲーム?

Radial CERO

POINT

配信日 : 8月30日

メーカー : Radial Games

価格(税込) : 1100円

ジャンル : 鉄道運営シミュレーション

都市、地下鉄、駅、利用者。 あなたは路線網を自由に構築することが可能です。駅と駅の間に路線を敷いていくことで、利用者たちは自動的にメトロに乗り、最短経路で移動します。 時間経過とともに都市が成長していくにつれ、利用者も増加していきます。利用者が駅にあふれないように、常に効率的な路線網を組みましょう。 増え続ける利用者の対応にスリルを感じるほどの忙しさ。その中で、自分ならではの路線網を構築する楽しみを感じることでしょう。

引用元:「Mini Metro」任天堂公式

なかなか珍しい凝ったPVですね。「Mini Metro」は鉄道運営シミュレーションです。

駅と駅、記号と記号をつなぎ路線をつくり、人々を目的地まで効率よく運んでいきましょう。

操作はとてもシンプルで、時間を忘れて没頭できますよ!

操作方法

操作内容 操作方法
決定・路線の選択、開通 A・ZR・ZL ボタン
時間停止・速度変更 L・R ボタン
車両追加 Yボタン
路線の閉鎖 路線選択→閉鎖したい駅にカーソルを動かしBボタン

またそれぞれカーソルを左や右のアイコンに動かしても同じように操作ができます。

路線を全て閉鎖したい場合は、右側の丸い路線の色を選択してさらに×を選択しましょう。

序盤攻略

それでは早速始めていきましょう。まずはチュートリアルモードですね。

このゲームの基本は○や□の駅をつなぎ路線を広げていく事です。

駅の横にある小さい黒の記号がお客さんを表しています。

上の画像ですと□に行きたいお客さんがいますので、○と□をつなぎ目的地に運んでいきましょう。

さらに進めていくとどんどん新しい駅ができるので路線をつなげていきましょう。

さらに駅と駅の間の中間地点を新しい駅につなげると、路線の途中に新しい駅が組み込まれます。

一つの路線だけではなく、複数の路線を運営していきます。

基本の駅は○・△・□の3つです。できれば一つの路線にこの3つの駅を揃えておきましょう。そうする事で混雑を防ぐことができます。

どうしても一つの路線内で揃えられない場合は、他の路線とつなげておけば大丈夫ですよ。

また川を渡るにはトンネルが必要です。効率よくつなげないとトンネルが足らず、川先の駅が孤立してしまう場合がありますので注意してくださいね。

また時間の経過とともに新たな路線や車両、トンネルを入手できます。

数には限りがありますのでよく考えて使っていきましょう。

徐々に駅の数が増え、マップも広がっていきます。

右上の時計で時間経過早めたり、止めることもできるので上手く使って混雑をおこさないように路線を運営していきましょう。

混雑を起こすとゲームオーバーです。

混雑を起こさずステージクリアを目指す「ノーマル」、ゲームオーバーのない「エンドレス」、路線変更ができないなか、混雑を起こさずステージクリアを目指す「エクストリーム」という風に様々なモードが用意されています。

あなたに合ったモードで納得いくまで鉄道運営を楽しみましょう!

まとめ

「Mini Metro」は時間を忘れて没頭できる、鉄道運営シミュレーションです。

気になった方は是非プレイしてみてくださいね!

Mini Metro」任天堂公式

画像はニンテンドースイッチのスクリーンショット機能で撮影したものです。

(C) Dinosaur Polo Club & Radial Games Corp